ビットコインとは不可能を可能にする夢の通貨?

ビットコインとは、インターネット上で使用することが可能な通貨で、仮想通貨・暗号通貨・デジタル通貨などと呼ばれています。
実は、インターネット上で使える仮想通貨には1,000種類以上もあって、その中でも取引高・時価総額共にトップで、最もポピュラーな仮想通貨がビットコインです。

ビットコインとは、コインと言われているので通貨じゃないのかと考える方も少なくありませんが、ビットコインというコインは実際に存在していません。
システムがコインという概念を生み出しているだけで、そのためインターネットさえあれば、国境も関係なく世界のどこにいても使用することが可能で幅広い使い道があることがメリットです。
つまり、今までの通過では不可能と思われていたことも可能にすることができる夢の通貨といえるのです。

ビットコインとは夢の通貨といえる理由のひとつは、先にインターネット上で使える仮想通貨と言いましたが、インターネットの中だけに限らず実際の店舗でも使用することができます。
ビットコインが使えるお店のレジで、店側が提示するタブレットにスマホをかざすだけで支払いが完了するので、その国の通貨でなくても買い物や飲食が可能になるのです。

また海外送金は、通常なら手続きが煩雑で時間がかかりますし、高い手数料が取られるのですが、ビットコインならインターネットを通じて早く・安く・簡単にできてしまいます。
このように無料か格安で送金できるのは、ビットコインには管理する団体がないからで、人的コストがかからない分中間マージンを搾取することがないからです。
しかも必要な時間は約10分程度でこの速さは驚きといえることです。
また、ビットコインはQRコードを読み取るだけで、簡単に匿名で送金できるというメリットもあるので、集金や寄付集めに活用することができるツールとも言えます。

それからビットコインは仮想通貨ですが、日本円や米ドルなど各国の貨幣と同様に需要と供給によって値動きをするのです。
その為、ビットコインの普及が進み多くの国の人が利用することになると、ビットコインの貨幣価値が上がって、場合によっては天井知らずの勢いで値上がりしはじめることもあるのです。
実際、ビットコインが誕生した時は1ビットコインは数円だったのですが、現在では約98万円程度の価値になっているのです。
ですから、こうしたビットコインの値動きを利用した資産運用もできるというのも、夢の通貨といえる利用のひとつと言えます。