ビットコインを取引所で購入するために知っておきたいことは?

近年話題になっているビットコインなので、自分も取引をしてみようと考えている方も少なくありません。
ただ、実際ビットコインをどこで購入するのか、どのような購入方法なのかを知らないという方もいることでしょう。
ビットコインに関する基礎知識として、ビットコインは一体どこで、どのように購入できるのかを知っておく必要があります。

ビットコインは仮想通貨の一種類で現金とは違い実物がないので目には見えませんが、購入して自分で保有することができるのです。
そして、そのビットコインを利用してお店で買い物や食事をする際の支払いに利用したり、レート変動を利用して資産運用の手段としたりすることができます。
いずれにしても、ビットコインを自由に活用するためには、まずはビットコインを購入して所有する必要があるのです。

ビットコインが購入できる場所としてはいくつかありますが、最も主流で多くの方が利用するのはビットコイン取引所や販売所です。
取引所というのはビットコインを売買したい人たちが集まって、ユーザーがその時々のレートでビットコインを取引する場所です。
一方販売所とは、ビットコインを取り扱う販売所が提示する価格でユーザーが購入したり売ったりすることができる場所です。

ちなみに、ビットコインはユーザー個人間で直接的に取引することも可能で、取引所などを介さずに売買することができます。
ただ、売りたい人や買いたい人を個人で探すことは、大きな負担になってしまうので取引所や販売所を利用することが一般的になっているのです。

ビットコインの購入場所は分かったけれども、ビットコインの1BTCが日本円で数十万円もするので、いくらから購入可能なのかは気になる点です。
しかしビットコインは、日本円と違って1よりも小さな数字での取引が可能で、例えば1BTCが98万円で購入が難しい場合でも、0.001BTCなら980円で購入ができます。
このように小さい単位も存在するので、数千円の資金でも始められるので、初心者でも気軽にチャレンジしやすいと言えるのです。

ビットコインを販売所や取引所で購入するためには、日本円で支払いをすることになりますが、一般的には購入する際の支払いは銀行振込です。
しかし、コンビニやクレジットカードを利用しても入金が可能で、インターネットバンキングでもできます。
購入するための手数料は銀行振込の方が安いのですが、時間がない方や銀行まで行く手間を考えると、コンビニ・クレジットカード・インターネットバンキングの方が便利と言えます。