ビットコイン取引所の登録方法は難しい?

ビットコインの取引を始めるには、まずビットコイン取引所に登録する必要があって、例えるのなら銀行でいう口座開設をするイメージです。
ですから、ビットコイン取引所に登録すると仮想通貨というお金が自由に使えるようになると考えられます。
ちなみに、ビットコイン取引所への登録方法は難しくありませんし無料で登録できます。
また、ネットで登録手続きが完了するので銀行で口座開設するのとは違って印鑑なども不要です。

ビットコイン取引所のアカウント作成や口座開設といった登録方法の流れですが、まずメールアドレスとパスワードを入力してアカウント登録します。
どの取引所でも簡単に行えるようになっていますが、これだけですべてのサービス・機能を利用することはできないのです。
日本円の入金・出金やビットコインなどの仮想通貨の売買取引をはじめるためには、本人確認書類の提出など様々な手続きが必要になります。
ただビットコイン取引所によっては、こうした段階を踏まずに最初から本人情報を入力して、免許証などで本人確認する書類をアップデートしなければならないところもあるのです。

このようにビットコイン取引所によって登録方法や口座の作り方の手続きについては大きく異なることがありますし、アカウントを作る場合の方法が違う場合もあります。
ただし先にも触れましたが、取引所の登録方法や口座の作り方の手続きは、手順に沿って行うとそれほど難しいものではありません。

例えばZaif(ザイフ)の登録方法ですが、まずはザイフのトップページの無料会員登録をクリックして、登録したいメールアドレスを入力して登録ボタンをクリックします。
そうするとザイフから登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、確認メールのリンクをクリックして、利用規約と重要事項説明などを確認するのです。
納得してOKなら同意にチェックを入れて、設定したいパスワードを入力後に同意して登録をクリックします。
そうするとログイン画面に移動するので、先ほど設定したパスワードと登録したメールアドレスを入力してログインすると取引のトップページに移動します。

次にアカウントボタンをクリックするとアカウントページに移動するので、基本情報登録を入力して登録完了したら本人確認書類の提出をするのです。
そして携帯電話番号を入力して送信ボタンを押すと、6ケタの番号が書かれたショートメールが届くので、その番号を入力して登録をクリックすると申請の作業は終わります。
ザイフから確認コードが記載されたハガキが郵送されるので、その確認コードを入力して送信し本人確認を完了すると仮想通貨の取引が可能になります。