ビットコイン取引所は売買を考えている人をマッチングさせる場所

ビットコイン取引所とは、ビットコインをはじめ、仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせる場所のことで、売買のマッチングをするためのシステムを整備・運用しています。
ここで場所と表現しているのは、ビットコイン取引所はインターネット上のサイトであり、実際に店舗のように存在しているわけではないからです。

では、売買を希望するユーザーをマッチングさせる場所となるビットコイン取引所の仕組みはどうなっているのかというと、利用するためにまず取引所で口座を開設します。
そうするとお財布のような役割のあるウォレットも作成されて、そのウォレットに日本円を入金することで、ビットコインを購入したり売却した代金を入金したりすることできるのです。

また日本にあるビットコイン取引所の場合は、法定通貨の日本円との交換で売買することが一般的と考えるでしょうが、実は米ドルやユーロとの交換をすることも可能な取引所もあります。
つまりビットコイン取引所によっては、世界に流通している通貨でビットコインを買う・売るといったどちらの取引も実行することができるのです。

ただ本来は、ビットコインの取引を望むユーザー同士で自由に取引することができます。
それなのに、なぜビットコイン取引所といった取引する場所を設けているのかというと、売買取引をする相手を自分で探して契約をまとめ実行するには、たくさんの時間と手間がかかってしまうからです。
このような時間と手間を省いて簡単にビットコインの取引をすることができる場所を提供しているのが取引所であり、存在している大きな理由のひとつといえるのです。

また仮想通貨は、国や中央銀行などが設立しているシステムではないので、仮想通貨が安心して安全に取引が実行されるような取引のシステムやルールの整備が必要なのです。
ビットコインなどの取引をしている人のニーズを汲み取って、使い勝手の良い信頼性が高い取引ができるようにシステムやルールを整備しているのが取引所で、そうした役割も担っていると考えられます。

このようにビットコインの市場参加者が集まり安い場所を提供して、安心・安全に取引できるようにしているのが取引所なのです。
ただビットコイン取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類に違いがありますし、手数料や使い勝手にも違いがあって、各取引所の特色も様々です。
ですから、これらのポイントを踏まえてどのビットコイン取引所を利用するのが、自分にとってメリットがあるのかなどを考えて選ぶと良いでしょう。