ビット金取引所間の移動は可能なのか?

ビット金取引所間の移動は可能なのか疑問に感じる方もいるでしょうが、結論からいうとビット金取引所間の移動は可能ですし比較的簡単です。
ビット金取引所間の移動の具体的な方法ですが、各取引所には各仮想通貨に自分専用の送り先入金アドレスがあるので、まずはそれを取得します。
その際に注意したいのは別の仮想通貨と間違えないことです。

次に取得した送り先の入金用のアドレスを入れて、送金するビットコインの量を入力し取引手数料を設定します。
ちなみに、ここで設定する手数料ですが、どこの取引所も最低手数料が設定されていますが、手数料を高く設定すると早く着金するシステムになっています。
最後に二段階認証キーを入力して送金ボタンをおすと送り元出金手続きが完了となります。
ただし、着金が遅い場合には念のために取引所に確認することも大切です。
先に別の仮想通貨と間違えないようにと記載しましたが、ビットコイン以外の仮想通貨もビット金取引所間の移動は可能で、基本的な手順についてはビットコインと同じです。

このようにビット金取引所間の移動は比較的簡単に可能なのですが、その際に注意しなくてはならないことがあるのです。
それは、入金用アドレスにはその通貨専用のものがあるということで、それ以外のアドレスを使用し送金注文をした場合には、運営元に相談しても取り出しできません。
また、送金したものが全て手元に戻らなくなってしまう可能性があるのです。
ですから心配な方は送金する際に、受け取り側のアドレスが同じ仮想通貨の入金用アドレスかどうかを再度確認することをおすすめします。

ところでビット金取引所間の移動がなぜ必要なのか不思議に感じる方もいるでしょう。
そのひとつの理由は、ビットコイン取引所間で売買をする時の通貨価格に差があって、その価格差を狙って儲けを得る方法があるからです。
もうひとつの理由は、複数の取引所に預けるメリットがあるからです。
国内外に関係なく取引所から盗難があったり、システムに問題が発生したりするリスクはゼロではありませんし、入出金停止する取引所も少なくありません。
複数の取引所に預けることによって、そうした問題から自身の資産を守るひとつの防衛手段になるのです。

ですから、可能ならば自分のウォレットに移動させたり、複数の取引所か信頼のおける取引所に所有する仮想通貨を分散させたりすることをおすすめします。
このようなことからビット金取引所間の移動が必要になることもあることを知っておくと役立ちます。